ネパール国旗の意味・由来と形は?簡単な書き方&なぜ長方形でないか

ネパール国旗の意味・由来と形は?簡単な書き方もご紹介 未分類
https://libertyflagandbanner.com/product/nepal-flag/

ネパールへの航空券・ホテルを予約するなら(同時購入でお得になります!)エアトリをオススメします。

ただ、残念なことにこのエアトリではネパールへのツアーは扱っていなくて・・・ツアーを予約するなら、近畿日本ツーリスト 海外ツアーが良いですよ。

ネパールはもちろん、カトマンズ以外のツアーも扱っているんです^^

日本の国旗はとてもシンプルですよね。

国旗はその国の国民性や地理的なものなどを表すもので、その国によって独特です。

その中でも特に特徴的だとされるのが、ネパールの国旗なんです。

今回はそのネパールの国旗の意味や由来・形と簡単な書き方など詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

ネパールの国旗の形は長方形ではない?

 

普通、国旗の形は全国共通で長方形ですよね。

国によって色合いや模様こそ特徴がありますが、ネパールはその国旗の形に最大の特徴があります。

 

ネパールの国旗は、三角形が2つ重なった形をしています。

長方形でなく、このような独特な形をした国旗は世界でもネパールだけです。

個人的に、よく中学校の数学でやる「相似」の図形問題に出てきそうな形だなぁと思いました。

 

そもそも、私は国旗は長方形でなければいけないというルールがあるものだと思っていましたが、国旗のデザインは各国で自由に行われているのです。

色は赤色がメインで縁取りに青色が使われていて、それぞれの三角形の中にシンボルが描かれています。

この形やシンボル、色合いにもそれぞれ意味があるので詳しく見ていきましょう。

 

ネパールの国旗の意味と由来・なぜ形が長方形でないのかの理由

 

なぜネパールの国旗が珍しい形をしているのか、気になりますよね?

この国旗の由来には、衝撃の事実が隠されています。

 

実はネパールの国旗、三角形の旗を縦に二つくっつけた国旗なのです!

つまり、もともとは2つの別の旗だったということになります。

 

まず、上の三角旗は1786年にネパールを統一した王家の旗です。

真ん中に白色で描かれたシンボルは、三日月を表しています。

下の三角旗は、1900年ごろに実質的にネパールを支配した宰相の家の旗です。

真ん中に白色で描かれたシンボルは、太陽を表しています。

ネパールの国旗の意味としては、ネパールが太陽や月と同じくらい国家が末永く繁栄しますように、という意味があります。

 

色合いにもちゃんと意味があって、赤色は国民を象徴し、青色は澄み渡るヒマラヤの空を表しています。

つまり、ネパール王国の王家の旗と王家の次に力を持った宰相の家の旗をくっつけて、ネパール王国の国旗になったわけですね。

 

ちなみに、ネパールの国旗の意味については、他にも諸説があります。

まず、珍しい国旗の形については、ヒマラヤの形を表現しているともいわれています。

(これは、私のネパール人夫もそうだと言っていました)

また、2つの三角形は2大宗教であるヒンドゥー教と仏教も同時に表している、ともいわれています。

スポンサードリンク

ネパールの国旗の書き方

 

日本の国旗のようにシンプルであれば、書き方は簡単です。なんせ、赤い丸を描けば良いだけですから(笑)

こんなに単純な国旗、世界中で他にはないのではないでしょうか。

でも、ネパールの国旗はもっと複雑です。

どのように描くのでしょうか?

 

驚くことに、ネパールでは国旗の描き方が憲法第5条に明記されています。

日本は日の丸なので描き方と言っても何もないですが(笑)、ネパールの国旗の描き方は23ステップまで非常に細かく決められているのです。

憲法に明記されている描き方は、専門的でとても解説も難しいです。

私も見てみましたが、どうやら数学的に緻密に計算された描き方です。

英語ですが、この動画で詳しく解説されています↓

こんなにも精密に国旗を描くのはとても珍しいですよね。

しかし、必ずしもこのような描き方をしなければいけないわけではありません。

憲法に「この方法以外で描いてはならない」と定められているわけではないので、ご安心ください。

子供向けにネパールの国旗の書き方を解説している動画がありましたので、こちらがわかりやすいですよ。

(これも英語ですが、言語を理解できなくても動画を見れば理解できるはずです)

簡単なネパールの国旗の描き方として、私なりに独自に考えてみました。言葉で説明するならば、こんな感じです。

具体例を出すならば、ツリーの簡単な絵(🌲)を思い描き、それを縦に半分で割ってください。

国旗を描く際はツリーを2段にして、下の幹の部分は省略して思い浮かべて描いてください。

それだけで、国旗の形は完成です。

 

次は、縁取りです。

出来上がった形の外にさらにもう一つ囲み枠を描きます。

旗の上部にギザギザ(角は8個)と三日月を描き、下部に太陽(角は12個)を描きます。

最後に色をつければ、完成です。

 

まとめ:ネパールの国旗でギネス記録に挑戦

 

実は2014年に、ネパール国民は人間国旗としてギネスに挑戦していました。

ネパールの首都であるカトマンズでは、ネパール国民3万5千人もの人々が集まり、色紙を頭上に掲げて世界最大の人間国旗にチャレンジしました。

 

今までは国内で内戦などがあり、国内全体が混乱してしまっていました。

しかし、このイベントをきっかけにネパール国民が国旗の下に集まり、団結しているということを世界に広めたかったのです。

確かに、過去に内戦などがあったことは事実ですが、ネパールが平和に発展していっていることの表れだと思います。

スポンサードリンク

メルマガ配信しています!

ブログではあまり書いていない日常のことやネパールに関する情報を更にお伝えしています^^

メルマガ登録

名前   
メールアドレス

 

ネパールへの航空券・ホテルを予約するなら(同時購入でお得になります!)エアトリをオススメします。

ただ、残念なことにこのエアトリではネパールへのツアーは扱っていなくて・・・ツアーを予約するなら、近畿日本ツーリスト 海外ツアーが良いですよ。

ネパールはもちろん、カトマンズ以外のツアーも扱っているんです^^

未分類
よろしければ、シェアをお願いします^^
nepajapaをフォローする
ネパジャパ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました