カトマンズの天気と服装は?月別・季節別に気候をご紹介

カトマンズの天気と服装 カトマンズ

ネパールへの航空券・ホテルを予約するなら(同時購入でお得になります!)エアトリをオススメします。

ただ、残念なことにこのエアトリではネパールへのツアーは扱っていなくて・・・ツアーを予約するなら、近畿日本ツーリスト 海外ツアーが良いですよ。

ネパールはもちろん、カトマンズ以外のツアーも扱っているんです^^

ネパールは主にヒマラヤと丘陵地帯、テライと3つの地域に分かれています。

一口に「日本」と言っても北海道から沖縄、と様々な地域と天気・気候があるように、

一口に「ネパール」と言っても、地域によって天気が変わります。

そこで、ここではネパールの中でも首都カトマンズの天気と服装に注目しました。

スポンサードリンク

ネパール・カトマンズの天気と服装

春(3月〜5月)の天気と服装

カトマンズの春は比較的暖かく、春の平均気温は20度になります。

日中はシャツだけ着用すれば十分です。

しかし、女性は肩と膝を露わにせず、覆うことを忘れないでください。

というのも、ネパールで最も多いヒンドゥー教では、肩や膝を露わにすることは無礼と見なされるからです。

詳しくは後ほど説明しますね。

 

夏(6月〜8月)の天気と服装

ネパールの夏は非常に暖かくて(暑くて)、気温は30度までいきます。

東京と同じくらいですね!

違うのは、東京よりも湿度が低いことです。

カトマンズの夏はモンスーンの季節なので、激しい豪雨は普通です。

レインコートはあまりにも暑いと感じるので、傘の方がオススメですね。

靴を履くよりも、ビーチサンダルトレッキングサンダルを利用した方が乾きやすいので便利ですよ。

ビーチサンダルと言ったら、やっぱりこれ!

HAVAIANAS ビーチサンダル ハワイアナス SLIM LOGO POP-UP スリム ロゴ ポップアップ サーフィン

私の大好きなハワイアナス!やっす〜い。

 

いくら東京より湿度が低いとはいえ、やはり雨が降っていない時でも暑くて湿度が高いです。

この暑さを凌ぐには、幅が広くてゆるかな服装を着ることをオススメします(^^)

特に通気性のある素材:シルクリネンなどで作られた服を着るといいでしょう。

 

秋(9月〜11月)の天気と服装

カトマンズの秋の昼間はかなり暖かいですが、夜間は気温が10度まで下がります。

昼と夜の気温差が大きいんですね。

昼は暖かいから大丈夫〜なんて薄着でいったら、夜は大変!

10度て言ったら、コートが必要な気温ですからね。

夜まで外出する時には、軽いジャケットやカーディガンを持って出かけることをオススメします。

 

スポンサードリンク

冬(12月〜2月)の天気と服装

ネパールの冬は、降雪が一般的・・・というのは、ヒマラヤなどの山岳地域の話です!

そう、「寒い」というイメージのネパールですが、実は首都カトマンズでは滅多に雪が降りません。

何せ2007年にカトマンズで雪が降った時には、「62年ぶりの降雪」ということでニュースで大々的に報道されたほど!

一生に1度か2度しか見れないような雪に、カトマンズ市民は大騒ぎ!

夫も「ネパール出身」だというと、必ず「雪降るよね?寒いよね?」とか言われるんですが、

ネパ(夫)
ネパ(夫)

いや、カトマンズは雪、滅多に降りません。

東京よりもよっぽど暖かいです〜

て感じです(笑)

 

そうなんです。雪は滅多に降りませんし、冬でも昼間は比較的暖かいです。

最低気温は5度、最高気温は20度になる日もあるくらいですから!

20度!もはや春(笑)

 

また、カトマンズに限らずですがネパールの冬、とりわけ冬の朝は霧がすごいです。

日が出ていない時は、あまりの霧に先が見えないので、車で移動するのに危険が伴うことも。

また、飛行機での移動にも危険が。多くの飛行機がちゃんと着陸できないのです。

着陸する際に視界がはっきりしないため、飛行機は旋回することになります。

更にあまりにも霧が濃くて着陸できず、旋回するにも燃料が足りなくなる時も出てきちゃいます。

そういう時は、一旦カルカッタ(インド)やダッカ(バングラデシュ)

などの近くの空港に着陸してからネパールに戻ることも。(戻る頃には霧がなくなっている)

 

飛行機の着陸の際にも影響を及ぼすことがあるので、冬にカトマンズを訪れる時は、

朝に到着する便を避けた方が良いでしょう。

 

年中寒いヒマラヤなどの山岳地域ですが、冬は特に寒いです。降雪は当たり前ですね。

でも前述した通り、「寒い」というイメージのネパール、首都カトマンズでは、雪は滅多に降りません!

 

ネパール・カトマンズでの服装の注意点

 

ここまでカトマンズの天気と季節別の服装について見てきましたが、

カトマンズへ行く前に、服装に関する注意点があります。

ネパールは非常に保守的な考えを持っている人が多く、宗教に熱心な人が多いことも知っておくことが重要です。

というのも、女性が肩や膝を露わにするのは無礼と見なされるからです。

なので、日本の若者が普通に着ている「オフショルダー」とか「短パン」はなしですね(^^;)

 

このことを知らずに肩や膝を晒し、古代の遺跡や寺院やUNESCOの世界遺産を訪ねると

問題を引き起こす可能性がありますので、十分に注意してください。

いくら暑くても、肩と膝は服で覆うようにしましょう!

 

カトマンズと東京の天気と服装比較

 

ここまでネパールの首都、カトマンズの天気と服装を見てきましたが、

日本の首都、東京と比べるとどうでしょう?

簡潔に言うと・・・総じて、カトマンズの方が東京より断然快適で過ごしやすい!

カトマンズの夏は暑くても東京ほどではないし、冬は寒くても東京ほどではない。

夏は確かに雨の季節がありますが、それは東京も梅雨があるので同じです。

 

服装に関しても、東京ほど「どんなに薄着でも暑い・・・」「どんなに厚着しても寒い・・・」

と言うことはほとんどないので、服装で悩むことは少ないです♪いいなあ。

 

まとめ

 

以上、ネパールの首都カトマンズの天気と気候・季節別の服装についてでした。

こう見ると、カトマンズって東京に比べると、ほんと過ごしやすいですよね〜

夏は暑いけど東京ほどではない(近年の35度以上の猛暑に比べると・・・)、そして冬はマイナスの気温になることはほとんどありませんし、快適な気候ですね。

羨ましい〜!

カトマンズに行くなら、個人的にはやっぱり秋が一番いい季節です。10月には、ネパール最大のお祭り、ダサインが開催されますしね!

カトマンズへの航空券・ホテルを予約するなら(同時購入でお得になります!)エアトリをオススメします。

ただ、残念なことにこのエアトリではネパールへのツアーは扱っていなくて・・・ツアーを予約するなら、近畿日本ツーリスト 海外ツアーが良いですよ。

カトマンズ以外のネパールのツアーも扱っています^^

 

スポンサードリンク

メルマガ配信しています!

ブログではあまり書いていない日常のことやネパールに関する情報を更にお伝えしています^^

メルマガ登録

名前   
メールアドレス

 

ネパールへの航空券・ホテルを予約するなら(同時購入でお得になります!)エアトリをオススメします。

ただ、残念なことにこのエアトリではネパールへのツアーは扱っていなくて・・・ツアーを予約するなら、近畿日本ツーリスト 海外ツアーが良いですよ。

ネパールはもちろん、カトマンズ以外のツアーも扱っているんです^^

カトマンズ
よろしければ、シェアをお願いします^^
nepajapaをフォローする
ネパジャパ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました